肉(飽和脂肪酸)より魚(不飽和脂肪酸)が体(血管)に良い理由

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛ブログ > 肉(飽和脂肪酸)より魚(不飽和脂肪酸)が体(血管)に良い理由

肉(飽和脂肪酸)より魚(不飽和脂肪酸)が体(血管)に良い理由

栄養面からみた肉と魚の違い

私たち人間に必要な栄養素には、

があります。

肉や魚を食べると、どちらも人間に必要な栄養素、タンパク質を摂取することができます。
また、タンパク質と同時に脂肪酸という栄養素を摂取することになります。
※脂肪酸:脂質の構成要素の1つです。

ここで、
肉を食べると飽和脂肪酸を摂取することになり、
魚を食べると不飽和脂肪酸を摂取ることになります。


飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い

飽和脂肪酸
飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪※1やコレステロール※2を増加させる働きがあります。

※1中性脂肪:人間の体を動かすエネルギー源となる物質ですが、中性脂肪が高いと血管が詰まりやすくなり、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが高まります。
※2コレステロール:脳や肝臓、神経組織などに多く含まれ、生命維持には欠かせない物質ですが、過剰に摂取するとコレステロールが血管壁に蓄積され動脈硬化や脳梗塞のリスクが高まります。

脂質が解ける温度を融点と言いますが、

となり、人間の温度よりも高い牛肉や豚肉を摂取すると、特にドロドロの血液になりやすくなります。

飽和脂肪酸は肉や乳製品などに含まれ、普通に食事をしていれば不足することはほとんどなく、むしろ過剰に摂取してしまいがちです。

不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸は、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らし、動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロール(HDLコレステロール)は減らさないという性質があります。

こういう理由から、肉(飽和脂肪酸)よりも、魚(不飽和脂肪酸)をなるべく摂取したほうが体(特に血管)に良いということになります。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸


不飽和脂肪酸の摂取方法

実は不飽和脂肪酸を摂取する際にも注意が必要です。
不飽和脂肪酸は、酸化によって過酸化脂質という。体に悪さをする物質に変化するからです。

過酸化脂質は老化の原因となり、がんや動脈硬化などを引き起こすことが知られています。

酸化を防ぐ方法として、
・不飽和脂肪酸を含む食べ物は長時間酸素に触れさせないこと
・加熱に良いる参加を最小限にすること
が挙げられます。

例えば、魚は焼いたものよりも刺身を食べ、刺身もなるべく早く食べることです。

また、何度も温めなおすことも酸化の原因となりますので、注意しましょう。

効率の良い不飽和脂肪酸の摂取方法は?
このようにいろいろと制約が多い不飽和脂肪酸ですが、サプリメントを利用することで効率よく摂取できます。

私は不飽和脂肪酸の中でも、特に血管に良い働きがあるDHAとEPAを含むサプリメントを取るようにしています。
利用しているDHA・EPA用サプリメント
サプリメントを利用することで、体によい不飽和脂肪酸を効率よく安全に摂取できます。

DHA・EPAのサプリメントと、ショウガオールのサプリメントを利用することで、頭痛がほとんど発生しなくなりました。
食べ物(サプリメント)で頭痛を治す



頭痛ブログ 記事一覧

不飽和脂肪酸で頭痛をなくす♪




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報