運動が原因の頭痛(労作性頭痛)

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛の原因一覧 > 運動が原因の頭痛(労作性頭痛)

運動が原因の頭痛(労作性頭痛)

労作性頭痛とは?

労作性頭痛とは、体を動かすことが引き金になり、頭痛の発作を起こしてしまう病気です。

どのような体の動かし方(運動)で頭痛になるかは人それぞれで、買い物などで重い荷物を持つ、筋トレをする、テニスやサッカーなどのスポーツをする、自転車をこぐ、水泳をする、せきが続く、といったことでも、頭痛になることがあります。

労作性頭痛が起こるタイミング
労作性頭痛は、上に挙げた運動中や、運動をした後に頭痛が起こります。
タイミングは人により異なりますが、運動が激しい場合は運動中に頭痛になることが多く、それほど激しくない運動であれば、運動後に頭痛になることがあります。

労作性頭痛の症状
症状はズキンズキンと脈に合わせるような拍動性の頭痛が、頭の片側あるいは両側に起こります。また、頭痛が発生している時間は人によりまちまちで、数十分で症状が治まる人もいれば、1日たっても症状が治まらない人もいます。


労作性頭痛が発生する原因

特定の動作が引き金になって現れる頭痛ですが、運動によって発生する頭痛のメカニズムはまだはっきりと解明されていません。

ただし、血管の拡張で起こる片頭痛持ちの人は、労作性頭痛になりやすいです。

私の場合、ジョギングなど多少息が乱れる程度の運動で頭痛に襲われていましたが、血管を丈夫にする食べ物(サプリメント)を取ることでジョギングをしても頭痛が発生しなくなりました。


運動からくる頭痛(労作性頭痛)は片頭痛の可能性が高い

運動からくる頭痛の場合、筋肉が緊張するわけではありませんので、片頭痛の可能性が高くなります。


運動からくる頭痛(労作性頭痛)を治すには?

運動からの頭痛を根本から解消するには、以下の2つの方法があります。

  1. 運動をしない
  2. 頭痛を食べ物(サプリメント)で治す

運動をしない
運動をしなければ頭痛が発生しないわけですので、運動をしないのが一番の予防策です。
でも、運動ができないと健康にもよくないですし、あまり楽しい人生とも思えません。
できれば避けたい解決策です。

頭痛を食べ物(サプリメント)で治す
この方法が頭痛を根本的に治す方法として1番効果的です。

血管を丈夫にする食べ物(サプリメント)を普段の食生活生活に取り入れることで、
血管が丈夫になり、運動をしても頭痛になりにくい体になります。
詳しくはこちら→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す


頭痛になる原因
  1. 肩こりが原因の頭痛
  2. 寝過ぎが原因の頭痛
  3. 朝の寝起きが原因の頭痛
  4. 気圧の変化(低気圧)が原因の頭痛
  5. 寝不足が原因の頭痛
  6. パソコンが原因の頭痛
  7. ストレスが原因の頭痛
  8. 眼精疲労(目の疲れ)が原因の頭痛
  9. 首こりが原因の頭痛
  10. 雨が原因の頭痛
  11. 昼寝が原因の頭痛
  12. 運動が原因の頭痛(労作性頭痛)
  13. 食べ物・飲み物が原因の頭痛
  14. 太陽光(日光)が原因の頭痛
  15. 休日が原因の頭痛
  16. 匂い(におい)が原因の頭痛
  17. 冷え性が原因の頭痛
  18. 睡眠中(睡眠時)の頭痛
頭痛の原因トップに戻る
頭痛の原因一覧


適度な運動は人生を楽しくします♪




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報