エキセドリンA錠の副作用

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用 > エキセドリンA錠の副作用

エキセドリンA錠の副作用

エキセドリンA錠の副作用には、以下のような症状があります。

関係部位 症状
 皮膚  発疹・発赤、かゆみ
 消化器  悪心・嘔吐、食欲不振
 精神神経系  めまい

※悪心・・・のどから胸、胃にかけて感じられる嘔吐が起こりそうな 不快な感覚

さらに重篤な副作用では、以下のような症状が現れます。

エキセドリンA錠の重篤な副作用
症状の名称 症状
 ショック
(アナフィラキシー)
 服用後すぐに、じんましん、浮腫、胸苦しさなどとともに、 顔色が
 青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、息苦しさがあらわれる。
 皮膚粘膜眼症候群
 中毒性表皮壊死融解症
 高熱を伴って、発疹・発赤、やけど様の水ぶくれなどの激しい症状が、
 全身の皮膚、口や目の粘膜にあらわれる。
 肝機能障害  全身のだるさ、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)があらわれる。
 ぜんそく  息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、
 息苦しい等があらわれる。

副作用の種類は少なめ

エキセドリンA錠の主成分にはアスピリン、アセトアミノフェン、無水カフェインの3種類が用いられています。

副作用は、皮膚、消化器、精神神経系の3項目で現れる可能性があります。

さらに重篤な副作用では、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群(中毒性表皮壊死融解症)、肝機能障害、ぜんそくの4種類の症状が発現する可能性があります。

副作用の種類は少なめです。

副作用に不安がある頭痛薬は飲まないのがベストです。

そのためには、頭痛の発生自体をなくす(根本的に頭痛を治す)必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報