ナロンメディカルの効果と副作用

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用 > ナロンメディカルの効果と副作用

ナロンメディカルの効果と副作用

ナロンメディカル

ナロンメディカルの効果

頭痛解消効果は強め
イブプロフェンが含まれており、頭痛解消効果は強めです。

頭痛の解消以外に期待される効果
肩こり痛・腰痛・関節痛・神経痛・月経痛(生理痛)・咽喉痛(のどの痛み)・筋肉痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛・耳痛・歯痛・抜歯後の痛み


ナロンメディカルの副作用

ナロンメディカルの副作用には、以下のような症状があります。

関係部位 症状
 皮膚  発疹・発赤、かゆみ
 消化器  吐き気・嘔吐、食欲不振、胃痛、胃部不快感、胸やけ、腹痛、口内炎
 精神神経系  めまい、眠気、不眠、気分がふさぐ
 その他  目のかすみ、耳なり、動悸、むくみ

さらに重篤な副作用では、以下のような症状が現れます。

ナロンメディカルの重篤な副作用
症状の名称 症状
 ショック
(アナフィラキシー)
 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ
 のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
 血液障害  青あざができやすい,突然の高熱,さむけ,のどの痛み,出血しやすい
(歯茎の出血,鼻血等),血が止まりにくい等があらわれる。
 消化器障害  便が黒くなる,吐血,血便,粘血便(血液・粘液・膿の混じった軟便)
 等があらわれる。
 皮膚粘膜眼症候群
 中毒性表皮壊死融解症
 高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み
 皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
 肝機能障害  発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)
 褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
 腎障害  発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ
 関節痛(節々が痛む)、下痢等があらわれる。
 無菌性髄膜炎  首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱
 吐き気・嘔吐等の症状があらわれる。
 ぜんそく  息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、
 息苦しい等があらわれる。

副作用の種類は普通

ナロンメディカルの主成分にはイブプロフェンが用いられています。

副作用は、皮膚、消化器、精神神経系、その他の4項目で現れる可能性があります。

さらに重篤な副作用では、ショック(アナフィラキシー)、血液障害、消火器生涯、皮膚粘膜眼症候群(中毒性表皮壊死融解症)、肝機能障害、腎障害、無菌性髄膜炎、ぜんそく、の8種類の症状が発現する可能性があります。

副作用の種類は多めです。

定期的に頭痛が発生すると、ナロンメディカルの副作用より恐ろしいことが起こります
頭痛に関することで一番恐ろしいのは、頭痛薬の副作用ではありません。
体の中で、もっと恐ろしいことが起こっています。

詳しくはこちらです。




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報