イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬の違い

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用 > イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬の違い

イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬の違い

イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬と似たような名前ですし、製造元も同じエスエス製薬です。

これらの頭痛薬にどのような違いがあるのか調べてみました。
調べた項目は以下の通りです。


イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬の主成分

主成分比較表
 イブA錠  イブA錠EX  イブクイック頭痛薬
 イブプロフェン 150mg
 アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
 無水カフェイン 80mg
 イブプロフェン 200mg
 アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
 無水カフェイン 80mg 
 イブプロフェン 150mg
 アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
 無水カフェイン 80mg
 酸化マグネシウム 100mg

イブA錠を基準に考えると、イブA錠EXはイブプロフェンがやや多めに含まれています。
イブクイック頭痛薬は酸化マグネシウムが追加されています。


イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬の特徴

イブA錠
イブシリーズの頭痛薬ではオーソドックスなタイプです。この頭痛薬で効果があり、体の異常が見られない場合は、他のイブシリーズを利用する必要はありません。

イブA錠EX
解熱作用、鎮痛作用を期待できるイブプロフェンがやや多めに含まれているため、イブA錠では薬の効果が弱いと感じている方にオススメです。

イブクイック頭痛薬
胃の荒れを抑える酸化マグネシウムが追加されているため、胃腸が弱い方や、イブA錠を服用すると胃の調子が悪くなる方にオススメです。


イブA錠・イブA錠EX・イブクイック頭痛薬の副作用

副作用の種類はいずれも多めです。

特にイブA錠EXは他のイブシリーズの頭痛薬に比べ、イブプロフェンが多めに含まれているため、副作用が発生する確率も高くなります。

詳しくはこちらです↓

副作用に不安がある方は、頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛の発生自体をなくす(根本的に頭痛を治す)必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報