ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの違い

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用 > ロキソニンSとロキソニンSプラスの違い

ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの違い

ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムと似たような名前ですし、製造元も同じ第一三共ヘルスケアです。

これらの頭痛薬にどのような違いがあるのか調べてみました。
調べた項目は以下の通りです。


ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの主成分

主成分比較表
 ロキソニンS  ロキソプロフェンナトリウム水和物 68.1mg
 ロキソニンSプラス  ロキソプロフェンナトリウム水和物 68.1mg
 酸化マグネシウム 33.3mg
 ロキソニンSプレミアム  ロキソプロフェンナトリウム水和物 68.1mg
 アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
 無水カフェイン 50mg
 メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 100mg

3種類ともロキソプロフェンナトリウム水和物を含みます。

ロキソニンSプラスは、胃の荒れを防ぐ酸化マグネシウムも含んでいます。
ロキソニンSプレミアムは、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムも含んでいます。


ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの特徴

ロキソニンS
ロキソプロフェンナトリウム水和物により、痛みや熱の原因物質(プロスタグランジン)をすばやくおさえ、すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。

ロキソニンSプラス
効果はロキソニンSと同等ですが、酸化マグネシウムにより胃の荒れを防いでくれます。
胃腸が弱い方にオススメです。

ロキソニンSプレミアム
ロキソプロフェンナトリウム水和物に、アリルイソプロピルアセチル尿素・無水カフェインを配合し、鎮痛効果を高めています。
この3種類では、一番高い鎮痛効果を期待できます。
さらに、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを配合することで、胃粘膜保護作用が働き、胃を守ります。

この3種類で、一番鎮痛効果が高いのはロキソニンSプレミアムですが、ロキソニンSやロキソニンSプラスで十分な鎮痛効果があれば、鎮痛成分が多い(=副作用発生の可能性が高くなる)ロキソニンSプレミアムを購入する必要はありません。


ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの副作用

副作用の種類は3つとも多めです。

詳しくはこちらです↓

副作用に不安がある方は、頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛の発生自体をなくす(根本的に頭痛を治す)必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報