ミグシスの副作用

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用 > ミグシスの副作用

ミグシスの副作用

ミグシスの副作用には、以下のような症状があります。

文献報告による副作用(調査症例3769例)
承認時までの副作用の症例  発生症例数 
 ALT(GPT)上昇  17例
 眠気  14例
 めまい  14例
 AST(GOT)上昇  13例
 悪心  12例
 副作用合計
(上記以外の副作用も含む)
 149例

さらに重大な副作用では、以下のような症状が現れます。

ミグシスの重大な副作用
症状の名称 症状
 抑うつ  体のいたるところに不調があらわれる。
 錐体外路症状  運動過少(パーキンソン病に類似した症状)あるいは
 運動過多(振戦、舞踏運動、片側バリズム、アテトーゼ、ジストニア)
 などがあらわれる。

ミグシスのその他の副作用
関係部位  主な症状 
 精神神経系  眠気、めまい、ふらつき、頭痛、頭がボーッとする、頭重
 消化器  悪心、下痢、食欲不振、心窩部痛、軟便、腹痛、腹部不快感、
 便秘、嘔吐、口腔粘膜浮腫、胃腸障害、口唇粘膜浮腫、口内炎
 肝臓  ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇
 過敏症  発疹
 循環器  動悸、血圧低下
 泌尿器  排尿障害、頻尿
 その他  倦怠感、気分不良、ほてり感、悪寒、浮腫、
 胸痛、乳頭腫大、背部つっぱり感、発汗、発熱

ミグシスの副作用の種類は普通

ミグシスの重大な副作用は、抑うつ、錐体外路症状の2種類です。

その他の副作用として精神神経系、消化器、肝臓、過敏症、循環器、泌尿器、その他の7項目で現れる可能性があります。

ミグシスの主な成分は塩酸ロメリジンで、片頭痛治療剤のみに使用されます。

副作用の種類は普通です。

副作用に不安がある頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛が起こらない体にする必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報