ノイロトロピンの副作用

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用 > ノイロトロピンの副作用

ノイロトロピンの副作用

ノイロトロピンの副作用発生数と発生割合は以下の通りです。

文献報告による副作用
 承認時までの調査症例   副作用発生症例数(発生割合) 
 1706例  89例(5.22%)

さらに重大な副作用では、以下のような症状が現れます。

ノイロトロピンの重大な副作用
症状の名称 症状
 肝機能障害・黄疸  AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う
 肝機能障害、黄疸があらわれる。
 ショック
(アナフィラキシー)
 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ
 のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。

ノイロトロピンのその他の副作用
関係部位  主な症状 
 過敏症  発疹、じんま疹、そう痒
 消化器  胃部不快感、悪心・嘔気、食欲不振、下痢・軟便、胃痛、口渇、腹部膨満感、
 便秘、口内炎、胃重感、胃部膨満感、腹痛、放屁過多、消化不良、胸やけ、
 胃のもたれ感、胃腸障害、嘔吐
 精神神経系
 眠気、めまい・ふらつき、頭痛・頭重感
 その他  全身倦怠感、浮腫、熱感、動悸、皮膚感覚の異常

副作用の種類は少なめ

ノイロトロピンの主な成分はワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液4.0ノイロトロピンで、主に肩こりを併発している片頭痛と緊張型頭痛の患者に使用され、痛みの神経の感受性を低下させることで、鎮痛効果を発揮します。

ノイロトロピンの重大な副作用は、肝機能障害・黄疸、ショック(アナフィラキシー)の2種類です。

その他の副作用として過敏症、消化器、精神神経系、その他の4項目で現れる可能性があります。

副作用の種類は少なめです。

副作用に不安がある頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛が起こらない体にする必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報