レルパックスの副作用

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用 > レルパックスの副作用

レルパックスの副作用

レルパックスの副作用には、以下のような症状があります。

レルパックスの承認時までの副作用(調査症例2365例)
承認時までの副作用の症例  発生症例数 
 浮動性めまい  98例
 傾眠・眠気  96例
 吐き気  77例
 口内乾燥  61例
 疲労  58例
 副作用合計
(上記以外の副作用も含む)
 672例

さらに重大な副作用では、以下のような症状が現れます。

レルパックスの重大な副作用
症状の名称 症状
 アナフィラキシーショック
 アナフィラキシー様症状
 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ
 のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
 不整脈・狭心症あるいは
 心筋梗塞を含む
 虚血性心疾患様症状
 胸の痛みや圧迫感、あるいは激しい胸の痛みや強い吐き気、
 胸の中央ややや左側、みぞおち、左肩などにおしつぶされる
 ような痛みなどがあらわれる。
 頻脈  心拍数の増加があらわれる。
 てんかん様発作  けいれん、手足が突っ張り体を硬くする、短時間の意識消失、
 全身や手足が一瞬ピクッとする、感覚や感情の変化、
 特殊な行動などがあらわれる。

レルパックスのその他の副作用
関係部位  主な症状 
 神経系  傾眠・眠気、浮動性めまい、異常感覚、
 頭痛、感覚減退、回転性眩暈、筋緊張亢進
 心・血管系  熱感、動悸、潮紅、頻脈、血圧上昇
 消化器  嘔気、口内乾燥、嘔吐、腹痛、消化不良
 皮膚  蕁麻疹、血管浮腫、発疹、そう痒症
 その他  胸部絞扼感、咽喉絞扼感、無力症、胸痛、多汗、
 倦怠感、咽喉頭疼痛、疼痛、悪寒、疲労、
 筋痛、胸部圧迫感、背部痛、筋無力症

レルパックスの副作用の種類は普通

レルパックスの重大な副作用は、アナフィラキシーショック、不整脈・狭心症あるいは心筋梗塞を含む 虚血性心疾患様症状、頻脈、てんかん様発作、血管浮腫、中毒性表皮壊死症、呼吸困難、失神の4種類です。

その他の副作用として過敏症、循環器、消化器、精神神経系、泌尿器、筋・骨格系、その他の5項目で現れる可能性があります。

レルパックスの主な成分はエレトリプタン臭化水素酸塩で、副作用の種類は普通ですが、薬の効きはそれほどよくありません。

副作用に不安がある頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛が起こらない体にする必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報