ミグシスとテラナスの違い

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用 > ミグシスとテラナスの違い

ミグシスとテラナスの違い

ミグシスの製造販売元はファイザー株式会社、テラナスの製造販売元はMSD株式会社です。

これらの頭痛薬にどのような違いがあるのか調べてみました。
調べた項目は以下の通りです。


ミグシスとテラナスの主成分

主成分比較表
 ミグシス  テラナス
 塩酸ロメリジン 5mg  塩酸ロメリジン 5mg 

ミグシス、テラナスの主成分・成分量は、塩酸ロメリジン5mgで同じです。


ミグシスとテラナスの特徴(効果・効能)

ミグシス
片頭痛患者に使用される薬ですが、片頭痛が起きた時に使用するものではなく、片頭痛の発生自体を抑えることを目的に、発作予防薬として使用されます。

テラナス
ミグシスと同様、片頭痛の発作予防薬として使用されます。


ミグシスとテラナスの副作用

副作用の種類はいずれも普通です。

詳しくはこちらです↓


結論

ミグシスとテラナスは、主成分と成分量が全く同じであるため、効果や効能、副作用にも違いがありませんでした。

違う点は製造販売会社ですので、病院が薬の値段や会社の対応をもとに、どちらかを選んで仕入れていると思われます。

また、副作用に不安がある方は、頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛の発生自体をなくす(根本的に頭痛を治す)必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報