ワソランの副作用

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用 > ワソランの副作用

ワソランの副作用

ワソランの副作用の割合は、以下の通りです。

臨床試験成績の集計による副作用
 承認時までの調査症例   副作用発生症例数(発生割合) 
 5069例  568例(11.21%)

さらに重大な副作用では、以下のような症状が現れます。

ワソランの重大な副作用
症状の名称 症状
 循環器障害  心不全、洞停止、房室ブロック、徐脈、意識消失があらわれる。
 皮膚障害  発熱、紅斑、そう痒感、眼充血、口内炎等の症状が発生し、
 皮膚粘膜眼症候群(Stevens‐Johnson症候群)、多形滲出性紅斑、
 乾癬型皮疹等の重篤な皮膚障害があらわれる。

ワソランのその他の副作用
関係部位  主な症状 
 循環器  房室伝導時間の延長、頭痛、めまい、血圧低下
 過敏症  発疹 
 消化器  便秘、悪心・嘔吐、吐き気、食欲不振
 口腔  歯肉肥厚 
 肝臓  AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇等
 内分泌  血中プロラクチンの上昇、男性における血中黄体形成ホルモン・
 血中テストステロンの低下、女性型乳房
 その他  浮腫(むくみ)

副作用の種類は普通

ワソランの主な成分はベラパミル塩酸塩で、片頭痛患者に使用されます。ただし、鎮痛薬としてではなく頭痛の発生自体を抑える、発作予防薬として使用されます。

ワソランはカルシウム代謝拮抗薬としての作用効果があります。

筋肉が刺激を受けるとカルシウムが細胞内へ移動し、筋肉が収縮します。
ワソランは、カルシウムが細胞内へ移動するのを抑制して、筋肉がゆるむのを早めます。
そのため、心臓へ栄養を送っている冠状血管や末梢血管を拡張させます。

ワソランの重大な副作用は、循環器障害、皮膚障害の2種類です。

その他の副作用として循環器、過敏症、消化器、口腔、肝臓、内分泌、その他の7項目で現れる可能性があります。

副作用の種類は普通です。

副作用に不安がある頭痛薬は飲まないのがベストです。
そのためには、頭痛が起こらない体にする必要があります。

20年続いた頭痛を克服した方法→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報