頭痛で頭が重いときの原因と対処法

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛の症状 > 頭痛で頭が重いときの原因と対処法

頭痛で頭が重いときの原因と対処法

めまいは、慢性頭痛(特に緊張型頭痛と片頭痛)に多くみられる症状です。


頭痛で頭が重い際の原因

考えられる原因は以下の通りです。
心当たりのある原因をクリックしていただくと、詳細を確認できます。

慢性頭痛には、このようにいろいろな原因があります。

また、頭が重い以外にも、さらに特徴的な症状があらわれたら、別の病気である可能性もあります。


頭痛で頭が重い時、頭痛以外に考えられる病気

頭痛で頭が重い時、可能性は低いのですが、慢性頭痛以外にも以下のような病気が考えられます。

副鼻腔炎
副鼻腔に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こる病気です。
副鼻腔:鼻腔に隣接した骨内に作られた空洞で、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形洞の4つで形成


片頭痛のように慢性的な拍動性の痛みがあらわれたり、頭が重い、前頭部(おでこ)が痛い、鼻づまりや鼻水が出る、歯が痛いなど、さまざまな症状が起こります。

副鼻腔炎は、アレルギーや遺伝によっても引き起こされる場合があります。
放置すると、中耳炎などの他の病気を引き起こすことにつながります。

※中耳炎:耳の「中耳」という場所に細菌が感染し、粘膜が腫れたり、膿(うみ)がたまる病気です。

脳腫瘍
脳に腫瘍ができる病気です。

最初は頭が重いといった程度ですが、日ごとに痛みが増します。頭痛以外にも、腫瘍ができた場所によって、物が二重に見える、ろれつが回らない、手足がマヒする、といった症状があらわれます。

※腫瘍・・・細胞が異常に増えてかたまりになったものです。ちなみに「がん」ではありません。「腫」は「はれる」、「瘍」は「できもの」のことで、「腫瘍」は「はれたできもの」を意味します。


頭痛で頭が重い時の対処法

今発生している痛みを取り除くには、頭痛薬を飲んで安静にすることが一番効果的です。

頭痛の発生自体を抑えるには?
頭が重いといった慢性頭痛は、治せる病気でもあります。

私自身、慢性頭痛でしたが食生活に気をつけることで、頭痛の解消に成功しました。
詳しくはこちらです→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す



慢性頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)でよく見られる症状
  1. 左のこめかみが痛い
  2. 右のこめかみが痛い
  3. 両方のこめかみが痛い
  4. 吐き気がする
  5. めまいがする
  6. めまいと耳鳴りがする
  7. 頭が重い
  8. 前頭部(おでこ)が痛い
  9. 目の奥が痛い
  10. 後頭部が痛い
  11. ズキズキと脈打つ


頭痛を治して喜びの生活を




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報