肩こりが原因の頭痛 そのメカニズムと解消法

TOP画像


頭痛解消の法則 > 頭痛の原因一覧 > 肩こりが原因の頭痛 そのメカニズムと解消法

肩こりが原因の頭痛 そのメカニズムと解消法

肩こりになる原因

私の場合、肩こりの原因は以下の3つです。

  1. パソコン作業
  2. 読書(特にマンガ)
  3. ストレス

パソコン作業
やはり、長時間同じ姿勢で、肩を使うことなく肘から下の細かい手作業をすることで肩こりが生じるみたいです。

読書(特にマンガ)
正直に言って、マンガが大好きで、長時間マンガを読むときがあります。
面白い漫画は時間を忘れてしまうほどです。
読むときはたいてい寝転んで肘を床に着けて読みますので、気が付いたら肩がものすごく凝っていたという場合があります。

ストレス
精神的なストレスでも、体を緊張させる交感神経の働きが活発になり、首や肩周辺の筋肉が固くなってしまうことがあります。

読書はまだしも、パソコン作業(仕事)やストレスはなくそうと思ってもなくすことが難しいのが現状です。なんとか生活スタイルを変えずに肩こりや頭痛を治す方法はないか調べました。


なぜ肩こりで頭痛が発生する?

まず、肩こりで頭痛が発生するメカニズムについて調べました。
そのメカニズムは、以下の通りです。

  1. 肩がこる
  2. 肩の筋肉が緊張・収縮する
  3. 筋肉の中を通っている血管も収縮する
  4. 血流が悪くなる
  5. 血管内が酸素不足になり、老廃物が発生
  6. さらに血流が悪化し、頭痛が起こる

このように、肩の筋肉に凝りが生じることで、肩の血流が悪化し、結果的に脳血管の血流も悪化することで緊張型頭痛が引き起こされます。

さらに血流が悪化することで、血流障害が起こります
そうなると、血液中の血小板から片頭痛の引き金となるセロトニンが大量に分泌され、片頭痛を引き起こすことになり、ひどい時には吐き気が出ることもあります。

肩と頭は離れているのに、肩こりから頭痛になるのが不思議と思いがちですが、実際は

肩こり→(脳の)血管が異常→頭痛になった

という理解で間違いありません。


肩こりからくる場合は片頭痛と緊張型頭痛のどちらも考えられる

肩こりからくる頭痛の場合、上のメカニズムで示したように、痛みが軽ければ緊張型頭痛の可能性が高く、ひどい頭痛に変わると片頭痛の可能性が高くなります。


肩こりからくる頭痛を治す(解消する)ために試したこと

肩こりからくる頭痛を治すために私が試したことは、以下の5つです。

  1. 食べ物(サプリメント)で頭痛を治す
  2. 姿勢を良くして頭痛を治す
  3. ツボを押して頭痛を治す
  4. 肩・首のマッサージで頭痛を治す
  5. スポーツ(運動)をして頭痛を治す

1.食べ物(サプリメント)で頭痛を治す
頭痛は血管の異常から発生しますので血管に良いサプリメントを食べてみました。
詳しくはこちらです→食べ物(サプリメント)で頭痛を治す

2.姿勢を良くして頭痛を治す
肩こりは姿勢の悪さが原因だと思い、姿勢を良くするためヨガを取り入れました。
詳しくはこちらです→姿勢を良くして頭痛を治す

3.ツボを押して頭痛を治す
ツボを押すことで肩こりを和らげ、さらに頭痛の発生も抑えられるかも?と思い、試してみました。
詳しくはこちらです→ツボを押して頭痛を治す

4.肩・首のマッサージで頭痛を治す
ツボを押すことと同じで、肩や首をマッサージが肩こりを和らげ、頭痛の発生も抑えられるかも?と思い、試してみました。
詳しくはこちらです→肩・首のマッサージで頭痛を治す

5.スポーツ(運動)をして頭痛を治す
肩こりは運動不足からくることも考えられます。そこで、毎日の生活に運動を取り入れることで、肩こりをなくし、頭痛を治すことができるか試してみました。
詳しくはこちらです→スポーツ(運動)をして頭痛を治す

これら5つの頭痛解消法のうち、2つは本当に効果がありました


肩こりからくる頭痛を治す(解消する)ことができたのは?

肩こりからの頭痛を解消するのに効果があったのは、以下の2つです。

  1. 食べ物(サプリメント)で治す
  2. 姿勢を良くして頭痛を治す

また、それ以外のツボ押し、マッサージ、スポーツ(運動)では、頭痛を治すことはできませんでした。これらの方法は肩こりが起こった後に、肩こりの痛みを和らげる意味合いが強く、肩こりや頭痛の根本的な解決にはならないことが原因かもしれません。

食べ物(サプリメント)で治す
食べ物(サプリメント)が、肩こりからの頭痛を根本的に治す方法として効果的です。

血管を丈夫にする食べ物(サプリメント)を普段の食生活生活に取り入れることで、
長時間パソコン作業したり、読書をしても、頭痛になりにくい体になります。
さらに、ストレスにも強くなります。

詳しくはこちらです→頭痛を食べ物(サプリメント)で治す


何を食べるかが重要です

姿勢を良くして頭痛を治す
パソコン作業や読書は、姿勢が悪い状態で長時間続けていると、首や肩に相当な負担をかけてしまいます。

そのため、ヨガで姿勢を正しくして頭痛を治す方法も、効果がありました。
詳しくはこちらです→姿勢を良くして頭痛を治す

なるべく頭痛薬に頼らない生活を
痛みがひどいときは頭痛薬に頼るしかありませんが、継続的な薬の服用は、副作用の心配もありますし、体によくありません

できれば、頭痛薬に頼らず根本的に頭痛を治したいものです。


結論 肩こりからの頭痛は解消できました

私の場合、肩こりからの頭痛は

  1. 食べ物(サプリメント)に気を付ける
  2. 悪い姿勢を取らないこと

を心がけることで、解消することができました。

特に、食べ物(サプリメント)は、肩こり以外でも、たいていのストレスでは頭痛にならない体を作ることができましたので、オススメです。

頭痛を食べ物(サプリメント)で治す方法


頭痛になる原因
  1. 肩こりが原因の頭痛
  2. 寝過ぎが原因の頭痛
  3. 朝の寝起きが原因の頭痛
  4. 気圧の変化(低気圧)が原因の頭痛
  5. 寝不足が原因の頭痛
  6. パソコンが原因の頭痛
  7. ストレスが原因の頭痛
  8. 眼精疲労(目の疲れ)が原因の頭痛
  9. 首こりが原因の頭痛
  10. 雨が原因の頭痛
  11. 昼寝が原因の頭痛
  12. 運動が原因の頭痛(労作性頭痛)
  13. 食べ物・飲み物が原因の頭痛
  14. 太陽光(日光)が原因の頭痛
  15. 休日が原因の頭痛
  16. 匂い(におい)が原因の頭痛
  17. 冷え性が原因の頭痛
  18. 睡眠中(睡眠時)の頭痛
頭痛の原因トップに戻る
頭痛の原因一覧


肩こりのない生活




管理人実践中↓
頭痛になりにくい体にする

頭痛に効くサプリメント

サプリメントが頭痛解消に一番効果がありました

頭痛を治す方法

頭痛薬を使わずに根本的に頭痛を治す方法をご紹介

頭痛時の対処法

頭痛時の対処法で効果があったものとなかったものをご紹介

頭痛の原因一覧

頭痛になる原因一覧と原因別解消法をご紹介

頭痛の種類

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の特徴について

頭痛の症状

片頭痛・緊張型頭痛の症状と頭痛以外の病気について

頭痛薬(医療用医薬品)の種類と副作用

医師が処方する頭痛薬の種類と副作用を解説

頭痛薬(一般用医薬品)の種類と副作用

市販の頭痛薬について効き目の強さや副作用を解説

頭痛ブログ

頭痛に関する私の体験談などのご紹介


 管理人ナオのプロフィール
Copy Right 頭痛解消の法則 Co.,Ltd.
運営者情報